投資家の種類と特徴

一般的に世の中で投資を行うにあたって様々な属性がありますが大きくは3つです。それぞれの投資家の属性のポイントを上げていきたいと思います。
まずは個人投資家です。これは一般的な方々が投資をすると言う意味で個人投資家を指しています。もちろん、このような方々も富裕層になれば営業マンに一括で資金を預けてパッケージで投資を行うことになりますがこの場合は別です。
次に、機関投資家です。いわゆる法人格を持った方々が投資をすることによって市場を動かすパターンです。日本の株式市場ではこれが1番大きいと言えるではないでしょうか。
例えば企業同士が連携するために株式の持ち合いを行うとするでしょう。ここにも銀行や証券会社が仲介していることがあるので金額としては非常に大きくなります。また、企業から資金を預かってうにを行った上でバックをしていくと言うビジネスモデルも機関投資家の役割です。話は少しそれますが、例えば企業同士が連携をするために株式の持ち合いを行うとするでしょう。ここにも銀行や証券会社が仲介していることがあるので金額としては非常に大きくなります。また、企業から資金を預かって運用を行った上で利益をバックをしていくと言うビジネスモデルも機関投資家の役割です。話は少しそれますが、企業がこのような機関投資家に任せて企業年金を運用すると言うビジネスモデルを以前は構築していました。しかし、最近は成り立たなくなったこともあって、解約を行った上で個人、社員に運用を任せるようになっています。このような流れを見ていくと個人投資家にお金が流れていると言う考え方もできるかもしれません。むしろ個人投資家にこのような資金が流れていたとしても運用の仕方がわからないと言うことで貯蓄に回っている可能性もあります。
最後に海外の投資家です。これは企業そのものの株価を上がり下りを応援しようと言う考え方ではなくM&Aや買収を前提とした投資ファンドと言う考え方が一般的だと思います。
バブル崩壊後はこのような機関投資家、海外の投資ファンドは株式市場どころか企業そのものの動きを株式を握ることによって採用していた事は言うまでもありません。現在でも、海外の投資家が株価の一定数を握ることによって企業のさまざまな判断を左右する事はもちろん行われています。
これからもグローバルな広がりを持ちながら、モノ言う株主と言う形で力を発揮していく事は言うまでもありません。

投稿日: