今後の株式投資について

貯蓄よりも運用がこれからの日本人のライフプランを考えたときには重要である事は年金財政や平均寿命が伸びていることからも明らかな事実です。誰もが超低金利時代に貯蓄を行うよりも運用を行いつつ、少しでも資金を潤沢にしておくことの必要性は理解しているはずです。 ではその運用について株式投資が本当に正しいのかどうかを具体的に挙げていきたいと思います。 結論、相当な金額の資金を運用するのでなければ株式投資が正しいのではないかというのが相場ではないでしょうか。 もちろん相当な資金を持ち合わせていれば投資信託や不動産投資といった大きな初期投資が必要になる運用が検討できますがなかなかそういった資金を準備することも難しいのが現状でしょう。 ですから、自分自身のライフプランを崩すことなく最低限の資金で株式投資を行うことをお勧めしたいと思います。もちろん短期的に見ると株式の値上がりや値下がりで一喜一憂することがあるかもしれませんがそこに終始する必要はありません。安定的な配当が保障されていたり株主優待券でメリットがあるなど長期保有を行うことによるメリットはたくさんあります。そして複数の銘柄を併せ持つことによってリスクを避けることもできるのです。もちろんのことながらチャート分析を行い事前に売買を行うレートさえ決めておけばリスクを最小限に抑え、メリットを最大限に享受することができるでしょう。ここでポイントなのは複数の銘柄を持ち合わせることです。それも同じ業界では社会の流れに合わせてすべてマイナスになってしまいますのでできるだけ異なった業界で銘柄を選ぶことをお勧めしたいと思います。 さらに銘柄を選ぶ際には大企業からこれから伸びる企業、短期的に売買を行っても構わないと割り切る企業など様々な銘柄を少しずつでも構わないので投資しておくことが株式投資の学びにもなりリスクヘッジにもなる事は言うまでもありません。  これからの時代、日本の株式だけではなく海外の銘柄にも着目する必要が出てくるかもしれません。中国の銘柄はすでにかなり高値になっていますので盗難アジアや中東の新興企業を探し出し先物買いをする位の目利きになる必要があるでしょう。 安定志向と先物買い、さらに長期保有といった考え方で株式投資によりこれからの長い人生の資金を整えていくことが非常にポイントになってくると思います。もちろん、リスクを避けつつというのが大きなポイントです。

投稿日: