日本の個人投資家について

日本でも貯蓄より様々な投資を重視するようになって個人投資家はどんどん増えています。もちろん国の誘導もあり税制の優遇も始まっているからです。 家族や友人、会社の同僚や先輩でも株式だけではなく債権や投資信託といった様々な投資を行っている場合があります。これらも全て個人投資家になります。  では個人投資家はどのようなタイプがいるか属性でわけてみたいと思います。 投資家と名前が付いていても一般的なデータでは日本の個人投資家5000万人のうち、半数以上が証券の保有額が300万円以下であり、その中の約3割が100万円未満と小額での投資を行っている方が多いのが特徴的です。 また最近では、大口の投資家だけではなく年収ベースで見たときにも日本の平均年収である500万円以下でも投資をしていると言うこともあり、手軽に投資を始めている方が多いことがわかると思います。 個人投資家のメリットは好きなときに好きなように売買ができることです。なんといっても自分が普段使っている企業の株を購入したり普段の生活の流れに上がりそうな株を購入すると言うことで自由に売買が可能です。  企業もこのような個人投資家を囲い込むために応援投資家と言う位置づけにして様々なメリットを見せつけ、配当でのメリット、株主優待券でのメリットなどを活用して個人投資家を増やしていく実態があります。 企業もこのような個人投資家を囲い込みために応援投資家と言う位置づけにして様々なメリットを見せつけ、配当でのメリット、株主優待券でのメリットなどを活用して個人投資家を増やしていく実態があります。 個人投資家としてはここまであげたように趣味で投資を行う方々が1つです。そして後はコツコツ投資を行い将来のために展開している方々もいます。これは短期での売買を行うのではなく長期的に保険や債券、株式を考えて組み合わせて購入している方々です。運用益もさることながら自分自身の将来の備えとしてが1番の目的になっています。 そして最後に生計を立てるために投資を行っている個人投資家です。言い換えるとデイトレーダーと言う位置づけで毎日売買を行うことで日々損益を計算するような方々です。自ら生計を投資によって立てているので日々、値動きには敏感になっています。 そして最後に生計を立てるために投資を行っている個人投資家です。言い換えるとデイトレーダーと言う位置づけで毎日売買を行うことで日々損益を計算するような方々です。自ら生計を投資によって立てているので日々、値動きには敏感になっています。このように個人投資家にも様々な分類ができることがおわかりいただけるかと思います。

投稿日: